S. ATELIER NEWS 06.08

eee

 

 

6月8日(木)はアートワークの授業でした。

授業といっても、Sアトリエでは講義があるわけではありません。
アートワークでは、四六判半切の水彩紙に約2時間かけて絵を描いていきます。

モデルは生徒が務めます。
男性と女性のモデルが1名ずつスタインバイします。

 

DSCF8069

 

 

DSCF8063

 

 

見たままではない、自分だけの世界を模索しながら作り出していく。
それが絵を描く醍醐味ではなのではないでしょうか。

 

 

DSCF8088丁寧に丁寧に絵肌を作っています。

 

 

DSCF8090

 

 

自分の世界にはいって、描いていくのもイラストレーションの制作とは少し違う、タブローならではの創作の現場ですね。

 

 

L1090086

 

講評は、最初に生徒が好きな作品を一言コメントを添えて2、3点、差していきます。

 

その後に講師が講評していきます。
今日は日笠講師と宮城講師が担当しました。

 

DSCF8098.jpg

 

 

 

広告