Illustration 6.25, 27&29

DSCF9551

 

6月28日(日)、27日(火)、29日(木)はイラストレーション講評が行われました。

初回の6月の課題は『私の銀座』。
現場でスケッチしたり、取材したり、写真を撮ったり、ウェブで調べたりしたものをイラストレーションに仕上げた作品が並びました。

授業では、聞くほどに面白いエピソードが飛び出してきたり、アートワークとは一味違う講評だったのではないでしょうか。

クロッキーやアートワークなどの授業は、アトリエで実際に描く実戦形式ですが、イラストレーションは家で課題を仕上げてきて発表ということからか、初回は参加者が少なかったのですが、回を追うごとに人数が増えてきました。

作品についてのこだわりや狙い、エピソードなどを話す姿は、クライアントにプレゼンするイラストレーターのようでした。みなさんイラストレーションが好きなんだということが伝わってきました。

3日目は、授業の終わりに日笠講師の仕事の紹介もあり、実際の現場で行われた仕事を見ることができて参考になったのではないでしょうか。

「S」作品は追ってブログやインスタグラムに掲載していく予定です。

 

 

初日は日笠講師と宮城講師、二日目と三日目は廣川講師と日笠講師が講評を担当しました。

広告