Workshop 12.8-9

日笠講師が担当する12月のワークショップのテーマは「色」。
色について一歩掘り下げた今回は、絵を描く上でとてもためになったのではないでしょうか。

色の基本的な説明とデモンストレーション、色相、明度、彩度の違いによる絵の話など、少し詳しい内容でした。

 

後半は、普段のタブローやイラストレーションの制作にとても役立つ画面を構成する色についての説明と考察があり、そのあと各自好きな画家のサンプルを選んで実践しました。

素敵だなと思う絵も、思っているだけでなく実際に色の構成がどうなっているのか分析をしてみると、意外なこともわかってとても面白いですね。やってみて初めてわかることも多かったのではないでしょうか。

 

 

画材チェック
見慣れたあの筆洗、ムーミン筆洗?月光荘の絵の具、ホルベインなどなど、パレットもさくらのものやグレーの紙パレットなどいろいろ。

 

後日談
その後行われたアートワーク(水彩タブロー)の授業で、色彩がガラッと変わった人がいました。理由を聞いてみたところ、このワークショップに参加して色に対する感覚が開いたと言っていました。体験してみて思わぬ効果があると嬉しいですね。

 

 

 

 

 

広告